【感想】10倍売れるwebコピーライティング

こんにちは、
たけし(@t_0203_)です。

10倍売れるwebコピーライティングを読んで
の読書感想文です。

感想に入る前に、
本書をカンタンに解説します。

本書は、大きく分けると3つに
分けられます。

  • セールスライティングの基礎
  • リサーチの仕方
  • 実際にセールスライティングを実践する

上記の3つに分けられます。

 

そして、本書で伝えたいことは、
売るためのテクニックではなく、
ユーザーそのものを深くリサーチするという
当たり前のことが大切だということです。

コピーライティングの本質である
「ユーザーが求めている情報を伝える」
という視点を失ってしまうと、
結果を出すことは難しくなるということです。

売ることばかり考えた
コピーライティングは
どんなふうかというと、

ユーザーの知りたいことではなく、
あなたの言いたいことばかりを伝えようと
するものです。

繰り返しになりますが、
本書では、売るためのテクニックではなく、
ユーザーそのものを深くリサーチするという
当たり前のことに重きをおいています。

それでは本題に入ります。

面白かった部分は下記です。

・ボディコピーで書くべき四つの要素

・3段論法テクニック

上記です。

 

ボディコピーで書くべき4つの要素

ボディコピーで書く4つの要素は、本書では
このように説明されています。

 

  • 結果を見せると、商品を欲しくなる
  • 実証を見せると、自分にもできると思う
  • 信頼を見せると、背中を押され購入に前向きになる
  • 安心を見せると、すべての不安が取り除かれる

 

結果を見せると商品を欲しくなる

例えば
「このカメラはどういうもので、
私に何をしてくれるの?」

「誰でもカンタンにキレイな写真を
撮ることが出来ます」

 

実証を見せると、自分にもできると思う

「何故このカメラを使うと、
私にもキレイな写真が撮れるの?」

「3つのボタンを押せればいいんです。
覚えるのは3つだけです。」

 

信頼を見せると、背中を押され購入に前向きになる

「A社が作ったカメラで、
現在のカメラ業界では
No1のシェアを誇っています。

俳優の〇〇さんが出てるCMを
見たことがありますか?」

 

安心を見せると、すべての不安が取り除かれる

「当店でも一番売れてるカメラで
今月はすでに87名の方にお買い求め
いただいております。」

 

3段論法テクニック

人を説得させるために用いる
説得力が倍増する論法テクニックです。

 

aはbである。
bはcである。
よって、aはcである。

これを例文に当てはめると
こうなります。

 

  1. きれいな写真を3つのボタン操作だけで撮れます。
  2. そして3つのボタンを押すことは誰にでも出来ます。
  3. つまり、きれいな写真はあなたにも撮ることが出来ます。

 

気付き・変わったこと

それぞれキャッチコピー、ボディコピー、
クロージングコピーとフェーズごとに
役割がありましたが、
ボディについては明確ではなく、

ボディは何のためにあるのか?
とずっと疑問に思っていました。

ボディの役割を理解したことで、
デザインの力の入れ具合にもまた変化がありそうです。

加えて、これを自分のビジネスに当てはめてみると、
信頼と安心の部分が無いことが明らかになりました。

  • 具体的には、今まで作成したページの
    成果を取っていなかったこと。
  • HPが上位表示されないなど、信頼性が薄い

などです、上げ続けるとキリがないので2つ上げました。

論法を理解したため、ブログの解説も楽になりました。

言いたいことは1つ、そして
理由はいくらでも付けて良いということ。

最終的に言いたいことに結びつける必要が
あるということ。

いつも解説に迷いがあったので
これでスムーズに記事や情報発信が出来そうです。

The following two tabs change content below.

山下毅

大学卒業後、就職に失敗し、職人を経てwebデザインを独学。その後4ヶ月で独立。 LPの制作実績は50本近く。情報商材や物販、セミナー集客のweb制作を担当。 現在はデザインに加え、コピーライティングと広告運用スキルを仲間たちと習得中。 生き辛さを抱えながらサバイブしてきた経験から、 webデザイナーが生きやすくなるライフスタイルを広めるべく、情報発信中💡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA