2019 年に買って良かった撮影機材を紹介!

久々にカメラに関するブログを更新します!

今回は2019年購入してよかった撮影機材を紹介しようと思います

2019年購入した撮影機材
・DJI OSMO Mobile 2
・RICOH THETA V

DJI OSMO Mobile 2

まずはDJI OSMO Mobile 2についてレビューしていきたいと思います!

DJI OSMO Mobile 2とは中国の大手ドローンメーカーDJIが販売しているジンバル(スタビライザー)です。
OSMO Mobile 2はセルカ棒のように携帯を装着することができます。

装着メリット
歩いても走ってもほとんどブレない

元々ジンバル(スタビライザー)はドローンに搭載されており、空を飛んでも全くブレがない動画を撮影することができます。
なんとOSMO Mobile2 からスマートフォンに充電することもできます!なので撮影後電池がなくなっても充電することができます。

OSMO Mobile 2の使い方はこちら!


OSMO Mobile2で撮影した動画です!

現在はDJI OSMO Mobile 3

OSMO Mobile は進化してOSMO Mobile3に進化しました。

なんと折りたたむことができます。
OSMO Mobile 2は折り畳めないので少々幅をとってしまいます。

DJI OSMO Pocket

ジンバルそのものにカメラがついてるのでとてもコンパクトです。
名前の通りポケットに入れることができるくらいの大きさなので、コンパクトにしたい方におすすめの商品です。

最大4Kで撮影できます。

RICOH THETA V

次はVRカメラです。

RICOHが販売しているRICOH THETAはVR(360°)の写真や動画を撮影することができます。
表裏どちらにもレンズがついており360°全て映し出すことができます

最大4Kで撮影する事ができます。


VR動画を体験するにはパソコン版のChromeもしくはスマホ版のYouTubeアプリからご覧ください。
マイクも全ての方向にあり、動くと音もその方向から聞こえてきます。

パソコンで編集する際は専用のソフトを利用する必要があります。
その記事は近々公開します!

連続撮影時間は初期設定では5分となっておりますが、最大25分まで引き伸ばすことができます。

ですが25分まで引き伸ばすと動画を取り込めないことがあるので注意が必要です

RICOH THETA SC

RICOH THETA SCはさらに安い物でお手頃価格です。

RICOH THETA Vと比べると画質が少し劣るものの、思い出として残しておく分には全く問題ありません。

YouTube

引き続きYouTubeではDJI OSMO Mobile とRICOH THETA Vを利用して様々な動画撮影を続けるので、よろしくお願いします!

The following two tabs change content below.
カメラ歴3年、プログラミング歴半年の23歳会社員。プログラミングはバッグエンドからフロントエンドまで幅広く体験中。カメラは写真だけでなく動画撮影も初めYouTubeに投稿。iPhoneてどれだけ綺麗に動画が撮れるか格闘中!他にもドローン撮影やVR(360°)撮影もしています!https://gotoyusuke.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA