楽な生き方に先はない

今回の記事は楽な生き方についてです。

僕はこの生き方は人をダメにするしあまりいい生き方ではないと思います。

しかし、皆さんは当たり前のようにこの生き方を求め、実行しています。

そこでこの生き方を知った上でどうすればよくなるのか考えてみてください。

楽な生き方

ここでいう楽な生き方とは、

不労所得を得て自由気ままに過ごすと言ったようなものではなく、

当たり前に潜む皆さんをダメにする習慣や、

皆さんが普段から求めてしまっていることをいいます。

自分に当てはまるようでしたら気をつけてください。

 

仕事を与えてもらう

仕事を与えてもらうということは、

決まったことをするだけでいいということです。

働いているのだから楽な生き方ではないという方もいると思います。

確かに仕事は大変ですが与えられ決まったことをするのは、

決して難しいことではないと思います。

例えば、仕事を与える側と仕事を与えられる側では差が大きく、

仕事を与える側は、与えるための仕事を作らなければいけない。

つまり0から1を生み出すということです。

これが何に対しても大変難しく、これが出来る人は天才でしょう。

それに比べ与えられる側はもともとある物をこなすだけ、

または発展、育成するだけです。つまり1→100または1→1です。

今の時代モノが溢れており0→1をするのは難しい

それに比べ1→100(1→1)のやり方は沢山世の中に出回っています

もともとある物をこなすのは簡単なことです。

だから楽なのです。

習慣化すること

習慣化すること自体はとてもいいことです

実際、習慣化することによって体は慣れ、苦なく物事に取り組むことができます。

では何がダメなのか、

それは、「習慣化することによって新しいことを取り入れなくなる」です。

新しいことを取り入れないと脳は成長しません

ましてや、衰え、衰退し続けます。

そのまま過ごしてしまうと思考力・判断力は鈍り生きていくのが困難になります。

 

しかし、人間は変化を好みません。だから、新しいことを取り入れるのを諦め習慣化し、

何かに執着します。それが楽だからです。

何かに執着していればそこから変化しなく済み、安心できるからです。

それでも、その何かは無限、永久ではありません

今働いている所がいつ倒産するかは誰にもわからないのです。

そこでどんどん新しいことを取り入れましょう

新しいことを取り入れることによって未知なるものが減っていき

自分の範囲、可能性は広がります

知っているものは怖くありません。知識や情報は武器です。

変化を求め知見を増やしより良い生き方を考えていきましょう。

安定する、安定を求める

皆さんよく耳にする「安定する」とはどのようなことを言いますか?

安定した収入を得られ、家族を持ち、生涯を過ごすことですか?

そんな生活を送り、後悔しないで最後を遂げれますでしょうか

きっと、安定を求めるばかりにやりたこともやれずに後悔することでしょう。

安定は楽です。決まった生活で、不安がなく安心して日々を過ごせると思うからです

それは間違えです。そう錯覚しているだけで、

安定には成長がありませんそれ以上はないのです。

僕の尊敬する人が言っていました。

「成長があり得ない安定は、衰退と同じだ」と。

成長し変化をしないものは生き残れません。

衰退しか道が残されていない安心に

全てを捧げ、生きていくことはとても不憫に思います

皆さんはどう思いますか?

それでも安定を求め全てを捧げますか?

まとめ

いかがでしたか?

考えが少しでも変わり新しいものを取りいれ成長して行こうと思えたのなら

それは、大きな変化です。

記事の内容では大げさに書きましたが、

変化をするために今の現状を大きく変える必要はありません。

当たり前や日常の安心の輪から自分の足で少しはみ出る程度でいいのです。

普段やらないことを日常に少しずつ取り入れるのです。

幼かった時のように冒険に出かけましょう

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

The following two tabs change content below.

最新記事 by IgetaKosuke (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA