【フリーランス】在宅でできる仕事を紹介

在宅で仕事ができる環境が増えたことによって「どの仕事をしていいのかわからない」なんて思ったことはありませんか?

パソコン1台あれば稼ぐ方法はいくつもあり、悩んでしまいます。

【フリーランス】仕事に関する8個の疑問

在宅でできる仕事を紹介していきます。

フリーランスが在宅でできる仕事の種類

働き方 クライアントワーク 資産となる働き方
メリット
  • 成果物を納品すれば収益となる
  • 成果を出せば繋がりができる
  • 休んでも収入が入る
  • 納期がない
デメリット
  • 休めば無収入
  • 納期によってはハードスケジュール
  • 収益が出るまで相当な時間がかかる
  • 収益が出ていても次の月が0円になることも

フリーランスは働き方が自由ですが、稼ぎ方も自由であるのが最大の特徴です。

稼ぎ方を把握しておくことで効率よく稼ぐことが可能です。

クライアントワーク型

クライアント型の働き方は依頼された仕事をこなして報酬をもらう働き方です。

クライアント先の要望に合わせた働きをするため、スキルを活かして貢献することが必須条件です。

 

仕事をとってくる方法は様々ですが一番王道な方法は「クラウドソーシングサイト」「エージェントサイト」を利用します。

SNSやホームページを運営して仕事を受ける方法もありますが、獲得できない可能性もあります。

資産となる働き方

資産となる働き方は個人やメンバーと一つの商品を作り、販売する働き方です。

商品の作成から販売活動まで自分で行わなければいけませんが、逆に外注する方法もあります。

 

資産となる働き方は自分が働いてない時でも収入が発生する可能性があることから、収入を増やすための最善の方法でもあります。

集客ができず購入してもらわないと利益が0円なので、クライアントワークと同時並行して進めるのがおすすめです。

クライアント型の働き方

代表的なクライアントワークを紹介します。

 

  • Webライター
  • Webデザイナー
  • プログラミング
  • 動画編集
  • 翻訳

 

他にもたくさん存在しますが、特に人気の仕事をピックアップしました。

未経験からでも仕事ができますが、スキルを活かすとより高い報酬が見込めます。

Webライター

近年Webマーケティングが主流になるにつれ、Webライターの需要がとても増加しています。

未経験からでも参入できることで人気ですが、ライティングスキルを向上することで単価を上げることも可能です。

 

「セールスライティング」「コピーライティング」「SEOライティング」などライティングの中でも何種類かあるので、いくつか試してみるのもいいでしょう。

文章は商品やサービスを売る際大きな武器となります。

 

同時にマーケティング分野も学ぶチャンスにつながります。

Webデザイナー

Webマーケティングの分野が成長すると共にWebデザイナーの需要も増えてきてます。

企業の公式ホームページは企業の顔のようなもので、デザインによって企業の雰囲気を瞬時に伝えられます。

 

Webデザイナーはトンマナを合わせることや、デザインデータを作成できるスキルが必要です。また、Webサイトを制作できるスキルも身につけばより単価が上昇します。

デザインのスキルが身につけばバナーの作成やYouTubeのサムネイル制作にも繋げられます。

プログラミング

プログラミングも在宅で仕事できるスキルで高いスキルがあると高単価の仕事を受注できます。

未経験だとフリーランスとして働くのは難しく、一度未経験を募集している企業に勤めるとフリーランスとして活躍できる可能性があります。

未経験でもフリーランスを募集している企業もありますが、募集件数は圧倒的に少ないので厳しいかもしれません。

 

現場によってはフリーランスでも出社しなくてはいけない現場もあるので、その点は注意して確認しましょう。

動画編集

動画編集は主にYouTubeに投稿する動画や企業のコーポレートサイトに表示する動画の割合が多いです。

ここ5年くらいYouTubeでマネタイズをしている方やこれから参画する方の募集は増加しているので、募集件数は大いにあります。

 

動画編集の技術が気に入られれば長期契約も可能なので、クラウドソーシングサイトで動画編集の仕事を確認してみましょう。

「Premiere Pro」を指定するクライアントが多いので、Adobeの契約をおすすめします。

翻訳

翻訳も需要の高い分野で「日本語→英語」「英語→日本語」から訳した文章に違和感がないかをチェックする業務となります。

英語以外にも中国語やフランス語など様々な言語の翻訳が案件として募集をかけられています。

 

翻訳は他の分野の業務と比べて単価が比較的高い傾向にあります。

少子高齢化や経済の停滞により日本国内のマーケットが縮小し、海外でビジネスを展開する方が増えております。

資産となる働き方

次に資産となる働き方の一部を紹介します。

 

  • YouTube
  • ハンドメイド出品
  • アフィリエイト
  • スキル販売
  • アプリ販売

 

資産となる働き方も一部ピックアップして紹介します。

YouTube

YouTuberは一時期人気の職業になりましたが現在もマネタイズする上で見逃せないプラットフォームです。

ピーク時ほど稼げるものではありませんが、使い方次第ではYouTubeを活用して大きく収益を上げることができます。

 

YouTubeで広告収益を上げるのが最も王道な方法ですが、YouTubeを通じで自社のサービスや商品の購入に繋げる方法もあります。

他にもInstagramのリール動画やTikTok動画でも商品の販売活動ができるので、まずは投稿して自分にぴったりのプラットフォームを探してみましょう。

ハンドメイド出品

自分でハンドメイド作品を作り、完成までのタイムラプス動画を撮影、完成した商品を出品する方法もあります。

「出品による収益」「広告収入による収益」二つのマネタイズ方法ができ、フォロワーやチャンネル登録者数が増えればネットショップの規模を大きくできます。

 

作品を作っているので資産性を感じられないと思いますが、ネットショップの拡大や継続して得られる広告収益が期待できます。

アフィリエイト

自分で開設したブログやホームページ経由で企業の商品やサービスをお客さんに売り、発生したら成果報酬として収益が振り込まれます。

アフィリエイトは「Google検索」「SNS集客」「メルマガ」などから集客を行います。

 

アフィリエイトは大企業も参入している事や、健康面やお金関係の記事は個人で参入することは難しいのでハードルが高い働き方です。

スキル販売

「ココナラ」「note」「Brain」では自分の持っているスキルを販売できるサービスを展開しています。

スキル販売もSNSやブログを組み合わせて自分で集客する必要がありますが、販売できれば仕事の依頼や商品の購入が継続的に入ります。

 

アフィリエイトよりかは収益のハードルが下がるので、ネット上で稼ぎたい方におすすめの仕事です。

アプリ販売

プログラミング技術を活用してアプリを作り、世に出すのもいいでしょう。

アプリ販売も「単発購入」「サブスク契約」「広告収入」など様々なマネタイズ方法がありますが、集客も自分でやらなくてはいけません。

 

App Storeなどで販売すればプラットフォームの規模が大きいのでダウンロードされやすいですが、手数料がとても高い問題もあります。

収入が増え、貯金が増えたら

収入がある程度増えたら次の対策を行わなければなりません。

 

  • 自己投資
  • 資産運用

自己投資

副業・フリーランスとして働くには常に稼ぐスキルを身につけなければいけません。

「読書」「体験」「時間を増やしてくれるもの」などに投資を行い、収入減を少しづつ増やしていきましょう。

資産運用

フリーランスとして活動し、ある程度貯金額が増えたら資産運用もしっかり行いましょう。

経済の成長より株式の成長率の方が大きい式が最近有名になりました。

 

いつまでも労働だと資産を構築するのが難しい事を指しており、株式に投資をしていれば徐々に資産を構築できます。

フリーランスとして働く場合は過度な資産運用を控えましょう。

【フリーランス】仕事に関する8個の疑問

©Copyright2022 FICH-LABO.All Rights Reserved.