iPhoneの標準アプリのみで撮影して編集

一眼レフが高く

購入が厳しいけど綺麗な写真を撮りたい!

と思う方いるかもしれません。

今回は携帯でも綺麗な写真を撮る方法を紹介していきたいと思います。

撮影

最近のスマートフォンはカメラにも力を入れてあり、高画質で撮影する事ができます。

ファーウェイ製のスマートフォンはレンズが最大3個付いており、そのレンズはドイツのLeica(ライカ)です。

次のiPhone 11?もレンズがトリプルになることが予測されています。

今回はiPhoneの紹介をしていきます。

標準アプリ(ポートレート)

iPhone 標準アプリ
iPhone(Plus)ではポートレートモードで撮影する事ができ、一眼レフレベルの写真を撮る事ができます。

じゃあ、iPhone買おう!

ポートレートは対応機種しか撮影できません。

・iPhone 7 Plus
・iPhone 8 Plus
・iPhone X
・iPhone XR
・iPhone Xs
・iPhone Xs Max
iPhone XRではポートレートで人物以外にボケを出す事ができません。

カメラアプリを起動

ビデオやタイムラプス変更できる場所にポートレートがあるので、ポートレートを選択

基本的には手前にあるものを認識しますが、タッチする事で変更できます。

対象物以外がボケたらシャッターチャンスです。
・注意・
iPhone XR以外のiPhone(Plusシリーズ)にはレンズが2つ付いており、広角と望遠レンズがそれぞれ付いています。ポートレート機能では2つレンズ使いますので、どちらかのレンズに汚れがあったり、カバーなどでふさがっていると綺麗にぼかす事ができません。
望遠レンズには1つ欠点があり、望遠になればなるほどレンズが増える為f値が高くなってしまいます。f値が高くなってしまうとどうしても写真が暗くなってしまいますので、暗い場所などではポートレート機能を発揮する事ができます。
望遠レンズを利用しているので、通常の写真より拡大されてしまうので少し距離を保ちましょう。
色々注意がありますが撮影時に警告してくれますので、その指示に従えば綺麗な写真を撮影する事ができます。

標準アプリ(ピクチャースタイルのようなもの)

標準アプリでもピクチャースタイルのようなものを変更する事ができます。
1番右上に丸が3個重なったようなボタンがあるので、それをタップします。
そうすると

・オリジナル
・ビビット
・ビビット(暖かい)
・ビビット(冷たい)
・ドラマチック
・ドラマチック(暖かい)
・ドラマチック(冷たい)
・モノ
・シルバートーン
・ノアール

とあります。
変更する時に確認しながら変更できますので、植物や空を写しながら設定してみてください。
ちなみに私は2個目のビビットで撮影しています。

HDR(ハイダイナミックレンジ)

HDRは暗い写真、普通の明るさの写真、明るい写真の3段階の異なる明るさの写真を撮影して、1枚に合成してちょうど良い明るさの写真を作る機能です。
設定の仕方は
設定

カメラ

自動HDRをON 手動で設定したい場合は設定をOFFにして、カメラの画面で変更が可能です。
3枚の写真を同時に撮影する為、ぶれやすくなる可能性がありますので、注意しましょう。

フラッシュ使えばいいじゃん

と思うかもしれませんが、HDRは

・フラッシュが使えない場所
・日陰と日に当たってる部分が半分づつの時
・自然な写真を撮りたい
・写真の明るさを全体的に統一したい時
上記のような条件の時に活用できます。
私はなるべくHDRで撮影するようにしています

フラッシュ(フラッシュ使用時HDR使用不可!)

フラッシュを有効活用していますか?
フラッシュは暗い時などに使うものだと思われていますが、実際は他にも用途があります。
例えば逆光など太陽光が強い時角度を変えていると思いますが、そこでフラッシュを使う事で綺麗な写真を撮る事ができます。太陽バックに写真を撮っても顔などがはっきり写ります。
今度逆光の時フラッシュを試しに使ってみてはいかがでしょうか?

編集

編集はソフトを買わなければいけないの?

と思うかもしれませんが

標準アプリでもかなりできのいい仕上がりです!

写真はある程度の編集であればかなり仕上がりが良く見えます!

標準アプリ

iPhone写真編集
標準アプリでも高度な編集をする事ができます。
まず初めに標準アプリの編集の仕方を紹介します。

まず右上の「編集」ボタンを押します。
するとこのような画面が出ます。

次に右から二番目の時計のようなマークを押します。
するとこのような画面が出てきます。

・ライト
・カラー
・白黒
が出てきました。この三項目を押して編集するのもいいですが、細かく設定する事ができません。
ですので右側にあるチェックボタンのようなものを押してください。

押すと計14種類の項目が出てきます。
この14項目を変更すると細かく設定する事ができます。

ちなみに編集中に写真を押すと編集前の状態と比較する事ができます

最後に

いかがでしたか?
スマートフォンでも綺麗な写真を撮影、編集をする事ができますので色々試してみましょう。
App Store でも綺麗に写真を撮れるアプリや編集アプリがありますので、いろんなアプリを試してみましょう!

The following two tabs change content below.
カメラ歴3年、プログラミング歴半年の23歳会社員。プログラミングはバッグエンドからフロントエンドまで幅広く体験中。カメラは写真だけでなく動画撮影も初めYouTubeに投稿。iPhoneてどれだけ綺麗に動画が撮れるか格闘中!他にもドローン撮影やVR(360°)撮影もしています!https://gotoyusuke.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA