【カメラ初心者必見】ISO・f値・シャッタースピード カメラの基礎設定とは?

一眼レフ

一眼レフは簡単に綺麗な写真が取れますが、自分で設定することで更に味のある写真を撮ることができます。最近はドローン(PHANTOM・Mavic Pro・Mavic Airなど) も設定することができます。
最初は自動で写真を撮ってくれるモードがありますが、次第に設定を変更しながら特徴のある写真を撮りたいと考える人もいるかと思います。
今回はマニュアル撮影で設定しなければいけない「ISO感度・F値・SS」について紹介します!

ISOとは?

ISOとはInternational Organization for Standardizationの略で、写真の明るさを調節することができます。
ISO
一眼レフやスマートフォン、ドローンなどにもISOが利用されており、自動で写真の明るさを調節してくれます。
ISOは電気信号を増幅する事で写真を明るくする事ができますので、ISO数値が高いと明るくなります。夜など暗い時に撮影する場合は数値を上げなければいけません。
ISOだけAUTOで設定してくれるものがありますので、昼間など明るい時はAUTOで構いません。

ISOを上げすぎると?

明るくなるなら上げちゃえばいいじゃん!

と思うかもしれませんが、
ISO感度を上げすぎてしまうと写真を無理やり明るくしているということになりますので、写真にノイズが入ってしまいます
ノイズが入ってしまうと写真が荒く見えてしまい、写真の質を下げてしまいます。
ISOはなるべく小さい数値で撮影するようにしましょう!
ISOをオートにしている場合どうしても数値が高くなってしまいますが、「MENU」→「ISOオート」でISOの上限を決めることでISOを抑えることができます。
センサーサイズがAPS-Cの一眼レフの場合ISOが1600くらいでノイズが入ってしまいますので、綺麗な写真を撮影する場合にはISO800以下で撮影するようにしましょう。
フルサイズだと3200や6400ぐらいまでは大丈夫なので、出来るだけ6400以下で撮影するようにしましょう。

F値とは?

F値は絞りとも呼ばれていますが、レンズを通る光の量を調節する事ができます。
f値
数値を小さくすると光の通り道が広がるため、写真が明るくなります。逆に数値を大きくすると光の通り道が狭くなるため写真が暗くなってしまいます。

人間の目も絞って光を調節している

人の目はカメラのレンズととても似ています!

F値は人間の目の瞳孔はのようなもので、人間の場合は周囲の光に応じて瞳孔の大きさを無意識に調節しています。
昼間は太陽の光で夜は蛍光灯の光でも同じ明るさに見えています。もし瞳孔の大きさが変わらなかった場合、昼間がちょうど良い明るさであれば夜はとても暗く何も見えません。
逆に夜がちょうど良ければ、昼間はとても明るく見えてしまい、視界がほぼ真っ白になってしまいます。

F値はボケにも関わる?

F値を低くすると写真が明るくなるだけでなく、「ボケ(ピンぼけ)」が出てきます。
人物の写真集などで周りの風景がボケて写っていますが、それはF値を低く設定してあります。
逆に全てにピントを合わせたい場合はF値を上げなければいけません。

ボケは世界で共通?

「ボケ」という言葉はおそらく世界で通じる言葉かもしれません。
2018年度のAppleの新iPhone発表(iPhone XS Max•iPhone XS•iPhoneXR)ではカメラの発表の際、「ボケ」と発表していました。
もしかすると世界で通用するのかもしれません。

F値を低くするには?

F値を低くするにはレンズを購入しなければいけません。

f2.8ぐらいから値段が結構高くなります。

望遠レンズはレンズの枚数が多いため写真がどうしても暗くなってしまいます。購入する際には必ずF値を確認しましょう。
因みにCanonで一番高い望遠レンズは「EF800mm F5.6L IS USM」で、175万円します。

シャッタースピード(SS)とは?

シャッタースピードを変更する事でも写真の明るさを調節する事ができます。
シャッタースピード
SSが1/4000など早い場合はシャッターを開いている時間が一瞬なので、新幹線や水が止まって見えますが写真が暗くなってしまいます。
SSが1秒など遅い場合はシャッターを開いている時間が長いので、新幹線や水が線のように流れて見えますが明るくなります。
SSは写真を撮るものに対して変更しましょう。

シャッタースピードの設定のコツ

手ブレを起こしたくない場合はなるべくSSの時間を早くしましょう。
三脚など固定できるものがあればSSの時間は遅くてもぶれません。

最後に

F値はボケさせたいかボケさせたくないか、シャッタースピードは撮影対象物が動くか動かないか。そしてISOは一番最後に明るさを調節するような感じで設定するといいのかもしれません。
カメラの設定は少し変えるだけで写真の完成度が大きく変わります。
綺麗な写真を撮影するためにはなるべくISOを低く設定しましょう!
夜撮影するには是非三脚なども用意するとブレずにあかるい写真をとることができます。

The following two tabs change content below.
カメラ歴3年、プログラミング歴半年の23歳会社員。プログラミングはバッグエンドからフロントエンドまで幅広く体験中。カメラは写真だけでなく動画撮影も初めYouTubeに投稿。iPhoneてどれだけ綺麗に動画が撮れるか格闘中!他にもドローン撮影やVR(360°)撮影もしています!https://gotoyusuke.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA