無料サービスで写真集を作ってみよう!

写真を撮っても写真をどうしたらいいのか分からない方がいるかと思います。
多くはTwitterやInstagramに投稿していると思います。
TwitterやInstagram以外にも写真を投稿できるサービスは多数存在します。
そこで今回は無料から有料まで、自分の写真集を作る方法を紹介していきます。

無料

まずは無料で写真集を作ってみましょう!

note

TwitterやInstagramのようなフォロー、フォローワーが存在するSNSです
ですがnoteはTwitterやInstagramと違い、様々な種類の物を公開する事ができます。
note

・テキスト
・画像
・呟き
・音声
・動画

更に、noteはGoogle検索にも表示されるのでnote利用者以外でも見ることができます。
更に更にnoteは有料コンテンツを売ることができます。パソコン版でしか作ることはできませんが、値段を設定して自分の商品を販売することができます。

wix

wixは無料でWebサイトを作成できます。
ですが、容量が無料プランだと1GB未満なので写真集を少ししか作ることができません。
それにWixは少し使い辛く、読み込みも遅いのであまりお勧めしません。

Ameba owned

Wixよりかはお勧めです。
Ameba ownedはAmebaが運営しているサイト作成サービスです。
容量は無料プランだと1GBです。
Ameba ownedはまぁまぁ使いやすかったです。
私もWordPressを利用する前はAmeba ownedを利用していました。

Amazon Kindle

Amazonで写真集を出版することができます。
一冊につき8枚までですが、何冊でも無料で出版することができます。
利益は Amazonのみの販売だと70%
他のサイトでも販売すると30%です。
対応画像形式

・GIF
・BMP
・JPEG
・PNG
・SVG

無料で販売することは基本的に不可能なので、無料の写真集を作りたい場合はお勧めできません。

Rakuten kobo

楽天でも出版する事ができます。
ファイルサイズが100MB以上だとアップロードする事ができないので注意が必要です。

有料

次に有料も少し紹介しようと思います。

WordPress

WordPress自体には料金がかかりませんが、レンタルサーバーやドメインにお金がかかってしまいます。
有料ですが、レンタルサーバーによっては数百円で60GBも利用する事ができます。
なので容量不足で悩む必要がありません。
デザインも自由にカスタマイズする事ができますので、思い通りの写真集を作る事ができると思います。

まずは無料サービスを利用してみよう

無料サービスでもかなり良い写真集を作る事ができます。
個人的に特におすすめなのがnoteです。
無料で利用できて、無料のコンテンツと有料のコンテンツを販売できます。
特殊な画像形式で撮影しなければ基本的に投稿できますので、手軽に利用できます。


落合陽一さんもnoteを利用して写真を投稿しています。

The following two tabs change content below.
カメラ歴3年、プログラミング歴半年の23歳会社員。プログラミングはバッグエンドからフロントエンドまで幅広く体験中。カメラは写真だけでなく動画撮影も初めYouTubeに投稿。iPhoneてどれだけ綺麗に動画が撮れるか格闘中!他にもドローン撮影やVR(360°)撮影もしています!https://gotoyusuke.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA