EOS・MavicProでピクチャー設定して写真を鮮やかに

ピクチャースタイル

カメラのマニュアル撮影で写真の鮮やかさを出すには、ピクチャースタイルを変更しなければいけません。
今回は写真の完成度を大きく変えるピクチャースタイルについて紹介していこうと思います。

ピクチャースタイルとは?

ピクチャースタイルとは大きく分けて・シャープネス・コントラスト・色の濃さ・色合いに分かれており、この4つを設定する事で写真に差をつける事ができます。この設定を変更する事で、写真に大きな差を出すことができます。
シャープネス・コントラスト・色の濃さ・色合いについて紹介していきます。

シャープネス

シャープネスは写真に写った物の輪郭を調整する項目です。シャープネスが強いと輪郭がとても強調され、シャープネスが弱いと輪郭が柔らかくなります。
ストリート系や男らしさを強調する際にはシャープネスを強くして、モデルや女性らしさを強調したい場合はシャープネスを弱くしましょう。
シャープネスは写真が柔らかい系なのかがっちりしているのかが一瞬で分かりますので、ピクチャースタイルの中でも特に大切な項目となっています。

コントラスト

コントラストは明るさや色のメリハリを変更する事ができます。
コントラストを強くすると明るい部分はさらに明るくなり、暗い部分はさらに暗くなります。色はさらに濃くなります。
コントラストを弱くすると明るい部分と暗い部分の明るさが近づき、色は薄くなります。
コントラストを極端に強くしてしまうと絵で描いたような写真になってしまいます。そのような写真を撮影したい場合や、写真を参考に絵を描きたいのであればコントラストを強くして撮影してみましょう。

色合い

色合いは写真の色の濃さを設定する事ができます。
色合いの設定を上げるととても鮮やかに撮る事ができますが、色合いを下げる事でモノクロ(白黒)写真を撮る事ができます。
コントラストと少し混ざってしまいますが、コントラストは色をはっきりさせるか均一に近づけるか。色合いはその色を濃くするか薄くするかの違いです。
説明をみているだけで理解できないと思いますので、写真を確認しながら設定するのが一番の方法です。

EOS kiss X7i(Canon全般)

一眼レフのメーカーによって設定方法は若干異なりますが、大きな違いはありません。
設定方法は「MENU」ボタンから「ピクチャースタイル」の設定を変更できますが、「MENU」から設定すると映像を見ながら変更する事ができません。
映像を見ながらピクチャースタイルの設定を変更する場合は、右上のカメラマークのボタンを押してファインダーから液晶に変更しましょう。
液晶にカメラの映像が表示されたら、液晶の右側にある写真の設定変更のボタンを押します。
写真の設定変更のボタンを押す事ができればこのような画面になります。
ピクチャースタイル
この画面が表示されたら「ピクチャースタイル」に合わせます。
合わせた時に「SET」ボタンを押してしまうとその設定が適用されてしまうので、「SET」ボタンを押さないで左右のカーソルで「ユーザー設定」に合わせます
「ユーザー設定」に合わす事ができたら次に左上にある「INFO.」ボタンを押して設定変更に入ります。
「INFO.」ボタンを押すと4つの項目が表示されます。
ピクチャースタイル
その項目ごとに左右のカーソルで映像を見ながら細かい設定をする事ができます。
・注意点・
設定を変更する時にホワイトバランスが「AUTO」になってない場合自分の思うように設定できない可能性がありますので、ホワイトバランスは「AUTO」に設定しておきましょう。

ピクチャースタイルをダウンロード

Canon公式サイトでピクチャースタイルをダウンロードする事ができます。
まず、実際に使ってみたいピクチャースタイルをパソコンでダウンロード。

保存したzipファイルを解凍(クリックして解凍ボタンをクリック)

次にEOS Utility 3をダウンロード。(EOS Utility 2)

カメラとパソコンを繋げる。(USB Wi-Fi Bluetooth)

カメラの設定をクリック(EOS Utility 3の操作)

ピクチャースタイルファイルの登録

ユーザー設定1.ユーザー設定2.ユーザー設定3.が出てくるので、保存したいユーザー設定を選択。

ファイルのマークがあるのでそれをクリック。

先程解凍したファイルを選択する。

ダウンロード完了。

一度電源を消してから再度つけると、ピクチャースタイルがカメラに入ってます。
(EOS Utility 2の操作)
カメラの設定/リモート撮影

別画面が表示されるので、ユーザー設定登録をクリック。

ユーザー設定1.ユーザー設定2.ユーザー設定3が出てくるので、保存したいユーザー設定を選択。

ファイルボタンが出てくるので、クリック。

先程解凍したファイルを選択。

OKボタンをクリックしてカメラに入れる。

メイン画面に戻るボタンをクリックして、EOS Utility 2を終了させる。

カメラの電源を落とし、再度電源をつける。

ダウンロードが完了。
ピクチャースタイルをダウンロードする事で更に特徴のある写真を撮る事ができます。

MavicPro(MavicAirやPhantomなど)

MavicProでピクチャースタイルを変更するにはiPhon(スマートフォン)などに接続しなければいけません。
設定変更はまずMavicProとリモコン経由または直接iPhone(スマートフォン)と接続します。
接続が完了したらこの画面に変わります。
mavic ピクチャースタイル
そしたらシャッターボタンの下のメーターみたいなボタンを押します。
次に右上のカメラマークを押します。
そうすると「ピクチャースタイル」という項目が出てきますので、ピクチャースタイルを押します。
押すとこのような画面が出てきます。
mavic ピクチャースタイル
一番下のカスタムで自分で好きなように変更する事ができます。
iPhione(スマートフォン)と繋がっていますので、画面を見ながら設定しましょう。

カラー

MavicProにはピクチャースタイルの下に「カラー」という項目があります。カラーを設定する事で更に写真や動画に差をつける事ができます。
カラーは設定は既存の設定がたくさんある為、自分で好きなものを選べます。
ピクチャースタールは上記の写真の設定で、カラーはブルーで撮影した動画はこちら!

設定するポイント

次に設定する際のポイントを紹介します。

色が鮮やかな物を写して設定する

ピクチャースタイルを設定する際、画面上に色がたくさんあると設定しやすくなります。
花やカラフルなおもちゃ、絵などを写しながら設定するととても分かりやすいです。
特に空や海などがある場合は、空と海を見ながら設定するとかなり設定しやすいです。

RGB表示を利用

RGBはR=Red G=Green B=Blueの事で、この基本三原色がどのくらい写真の中に入ってるかを確認できる表です。
色はこの三色の割合により表現されています。RGBを見る事で、写真がどの色に偏っているのかがわかります。
色が薄く明るさが暗い場合は、グラフの値が左によります。
色が濃く明るさが明るい場合は、グラフの値が右によります。

一度パソコンやスマートフォンで見てみる

一眼レフの画面よりスマートフォンやパソコンの画面の方が見慣れてると思います。見慣れている画面で見ることで一眼レフの画面とは違うものが感じとれるかもしれません。
パソコンなどの大きい画面で見ることで大画面で高画質な写真を見ることができますので、細かく研究することができます。

最後に

ピクチャースタイルの設定は少し難しいですが、慣れてしまえば更に写真撮影や動画撮影が楽しくなります。
スマートフォンでは自分で細かく設定できるアプリはあまりないので、スマートフォンとは違う楽しみ方もできます。

The following two tabs change content below.
カメラ歴3年、プログラミング歴半年の23歳会社員。プログラミングはバッグエンドからフロントエンドまで幅広く体験中。カメラは写真だけでなく動画撮影も初めYouTubeに投稿。iPhoneてどれだけ綺麗に動画が撮れるか格闘中!他にもドローン撮影やVR(360°)撮影もしています!https://gotoyusuke.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA