SONYがスマホ・カメラ・テレビの各事業を統合

SONY

SONYの動きについて紹介します。

事業統合

SONY SONYには様々な事業が存在しています。 プレーステーション・Xperia・テレビ・ミラーレスカメラ・音楽(ウォークマン・Xアプリ)・イヤホンなどが有名な製品やサービスです。 ソニーは事業が複数ありますが、テレビ・スマホ・カメラの事業が統合しました。

スマホでテレビもカメラも済ますことができる

最近のスマートフォンは機能が高性能になり、娯楽・仕事・人間関係全てのものに関わっています。 スマートフォンンの高機能化により、カメラやテレビ単体の販売数が減っています。 Xperiaはワンセグを利用してテレビを視聴することができたり、4K HDRで動画を撮影することもできます。

SONYはXperiaに力を入れるのか?

最近HUAWEIやGalaxyは、折りたたみスマホやトリプルレンズのスマホやレンズが4つついているスマホの販売を発表しています。 HUAWEIやGalaxyがこれほど高機能なスマホを出しているので、SONYもそれに対抗できるスマホを今後開発することが予測できます。 2019年3月期の第3四半期決算ではXperiaの利益の結果が伸びていません。

SONYの製品は高機能

SONY 一昔前と比べて家にあるSONY製品の数は減っているかもしれませんが、現在でもSONYは高品質な製品を開発しています。

カメラ

SONYはミラーレス一眼レフを販売しています。 ミラーレスの中にはフルサイズもあり、CanonやNikonに対抗できるカメラを販売しています。 カメラの価格は抑えられており、十分すぎるほど機能が搭載されています。

テレビ

SONYは4K対応のテレビを発売しています。機能はそれだけではなく、Androidも搭載されています。 SONYのテレビにはお出かけ転送という機能があります。 お出かけ転送はテレビで録画した番組をスマホやPSPなどに転送して電車などで視聴できる機能です。

これらの持ち味を利用してXperiaが進化?

SONY 今はスマホでほとんどの事が解決してしまいます。 写真撮影・動画撮影・編集・視聴・音楽・ゲーム・などなど… SONYにもこれらの技術が詰まっているので、これまで以上にXperiaを進化できると考えています。現に国内のスマホではXperiaの機能はとても高性能です。 もともとSONYはカメラとテレビを作っていたので、スマホに応用することが可能です。 2020年の5G回線配信開始向けて映像関係の技術が鍵になります。2020年はこれまで以上に映像に触れ合う生活がやってきます。 今後のデバイスは今までのスマホでは考えられないような構造になる可能性があります。特に映像に特化したデバイスに進化する可能性があります。通勤電車や通学電車、待ち合わせなどで4K映像を楽しむこともできるかもしれません。

NHKの受信料問題

最近NHKの受信料問題がありました。(家にテレビがないから受信料の支払いを拒否したが、ワンセグ端末を保有しており支払うことに) ワンセグ搭載のスマホを持っているだけでNHKは受信料を取る事ができます。 テレビが必要ない人には支払いたくない出費です。 ワンセグを搭載してしまうと受信料を支払わなくてはいけないので、それを理由にXperiaをやめてしまう人もいるかもしれません。

Xperiaは日本で最高のスマホになる?

最近はiPhoneやHUAWEI、Galaxyでスマホ市場は埋め尽くされています。 それらに日本が対抗するにはSONYの力が必要なのかもしれません。 現にSONYは映像関係の技術は相当持っているので、スマホやVR市場で力を発揮できるかもしれません。 今後のSONYの動きに注目です。]]>

The following two tabs change content below.
カメラ歴3年、プログラミング歴半年の23歳会社員。プログラミングはバッグエンドからフロントエンドまで幅広く体験中。カメラは写真だけでなく動画撮影も初めYouTubeに投稿。iPhoneてどれだけ綺麗に動画が撮れるか格闘中!他にもドローン撮影やVR(360°)撮影もしています!https://gotoyusuke.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA