C#やSQLの値をSSIS(.dtsx)に渡す方法

JavaC#PHPServlet JSPSQLPython

今回はSSIS(.dtsx)に値を渡す方法を紹介します。

SSIS(.dtsx)の操作

まずは変数を作る必要があります。
変数という場所で新規の変数を作成します。

変数の設定は名前とデータのみ

変数を作る際

項目 内容
名前 任意の変数名
データ String
スコープ

があります。
C#やSQLから値を持ってくる場合は名前とデータのみで大丈夫です。

C#の操作

次にC#の値をSSISに受け渡す方法を紹介します。

スクリプト実行タスク

まずSSISツールの中にあるスクリプト実行タスクを利用しましょう。
次に編集で、スクリプトタスクエディターの設定をしましょう。

項目 内容
ScriptLanguage Microsoft Visual C#
EntryPoint Main
ReadOnlyVariables
ReadWriteVariables 先ほど作成した変数の名前

スクリプト実行タスク

public void Main()
{
    //処理を書く場所
    String str = test;
    Dts.Variables["User::先ほど作成した変数の名前".value = str ;
    Dts.TaskResult = (int)ScriptResults.Success;
String str = test;
こちらには実装したい処理を書いてください
Dts.Variables[“User::先ほど作成した変数の名前“.value = str ;
Dts.TaskResult = (int)ScriptResults.Success;
この二行はSSIS内に値を受け渡すものなので、必須のソースです。

 
基本的な設定はこれで完了です。

SQLの操作

次にSQLの値をSSISに受け渡す方法を紹介します。

SQL実行タスク

次に編集で、SQLステートメントの設定をしましょう。
SQLステートメントではデータベースの設定をするので、利用するデータベースに沿って設定しましょう。

項目 内容
SQLSourceType SQL文(抽出したいSELECT文)
直接入力 SQLStatement
(ファイル接続) (FileConnection)
(変数) (SourceVariable)

()で表示したものはSQL文を変数やファイルからもってくる場合に利用するので、直接SELECT文を入力する必要はありません。

項目 内容
結果セット 単一行

データを一個だけもってくるときは単一行にしましょう
次に結果セットです。

項目 内容
結果名 SQLのカラム名
変数名 User::先ほど作成した変数の名前
The following two tabs change content below.

後藤 優介

カメラ歴3年、プログラミング歴半年の23歳会社員。プログラミングはバッグエンドからフロントエンドまで幅広く体験中。カメラは写真だけでなく動画撮影も初めYouTubeに投稿。iPhoneてどれだけ綺麗に動画が撮れるか格闘中!他にもドローン撮影やVR(360°)撮影もしています!
JavaC#PHPServlet JSPSQLPython

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA