一眼レフで星を撮影する方法!初心者でも大丈夫!

星

旅行先で星空を見て

写真にしたい!

と思ったことはありますか?星空はスマホでも撮ることは難しく、一眼レフでないと綺麗に星空を撮ることができません。

今回は星空をカメラで綺麗に撮れる方法を紹介していきます。

星空を撮影するのに必要な機材

カメラ
・マニュアル設定ができるカメラ(ミラーレスカメラでもOK)
・三脚
・リモコン(あると撮りやすい)

上記の3点あれば問題ありません。

設定方法

設定方法を紹介します。

まずはカメラを三脚で固定します。

次にカメラの電源をONにしてマニュアルモードにします。
↓(リモコンある人)
リモコンをカメラにつなげる

ここまで設定が終われば後は細かい設定をするだけです!

シャッタースピード・f値・ISO設定

ISO・f値・シャッタースピードの基本設定
ISOは400以上にしておきましょう。ISOは上げすぎるとノイズが入ってしまいますが、撮影すると星とノイズの区別があまりつきません。
f値はそのレンズの最小値(明るく)にしましょう。
シャッタースピードはできるだけ遅くしましょう。シャッターを切っている時間が長ければ長いほど光は入ってくるので、たくさん星を撮ることができます。
ですが、シャッタースピードが15秒を超えると星が動いてるように写ってします。シャッタースピードを長くして動かないように撮影したい場合はなるべく広角レンズで撮影しましょう。
望遠で星空を撮る場合は5秒でも星が動いてるように見えます。

ピント合わせ

最後にピントを合わせなければいけません。
ピント合わせはとても難しく、目が良くないと合わせるのが難しいです。
ピント合わせる場合はなるべくファインダー越しで調節するようにしましょう。

ファインダー越しで調節する場合は、一番大きい星をファインダー越しでみます。

一番大きい星に合わせてピントを合わせてみましょう。(∞より)

シャッターを切る

液晶越しでピント合わせをする場合は1度ISO設定を最大限まで上げて、画面上に写る写真の明るさを明るくしましょう。明るくしたら星が見えるかもしれないので、そこからピントを合わせましょう。
もし見えないのであれば、レンズのピントを∞の方から少しづつ調節しましょう。
おそらく肉眼でも見れないほどの星が空に浮かんでいると思います。

リモコンがない場合

カメラリモコン
カメラを買った後で、お金がなくリモコンが買えない場合でも星を撮影することができます!
カメラの設定は今まで通りです。その後は設定でセルフタイマー設定をします。
セルフタイマーを使うことでカメラに触れることなくブレないで写真を撮ることができます。

最近のカメラはスマホでシャッターを

最近のカメラにはWi-FiやBluetoothで繋げて写真を撮ることができます。
スマホで撮影してもカメラはブレないので、もしカメラにWi-FiやBluetoothが搭載されている場合は試してみてください。

星が流れているような写真を撮る場合

星
星が動いてることがわかる写真がありますが、一眼レフでも撮影することが可能です。

必要な機材

ROWA JAPAN
先ほど紹介した3点セットで構いませんが、リモコンが必須です。
リモコンによってシャッターを切ったままで固定できるものがありますので、色々調べてみましょう。
私が使用しているリモコンはROWA JAPANさんのリモコンを使用しています。

設定方法

リモコンを接続できればほとんど同じです。

シャッタースピード・f値・ISO

星が流れている写真を撮るのはとても難しく、何回も失敗してしまいます。失敗していくうちに感覚を掴めるようになるので、感覚さえつかめれば楽勝です!
私が撮影した時の設定を紹介します。
f値最大値(暗い方)・ISO100・シャッタースピードBULB(30分)
最大の難点はシャッタースピードにf値とISOを合わせなければいけません。
シャッタースピードも10分以上と長いのでかなり難しいです。

警告

ノイズリダクションをONにするとノイズを除去してくれますが、除去に時間がかかってしまいます。
BULB撮影で30分間シャッターを切って撮影した場合、ノイズ除去に30分かかってしまいます。
実際にやらかしました、、、、
ですのでMENUからノイズリダクションをOFFにしましょう。

APS-Cとフルサイズの違い

星を撮影しているとAPS-Cの物足りなさを実感してしまいます。
フルサイズだと光を受ける面積が多いので、ノイズの数がかなり減ります。
天の川などを撮影するとAPS-Cとフルサイズでは大きな違いがあり、フルサイズで天の川を撮影すると星が川のように並んでいるのが見えます。
APS-Cでも天の川が撮れますが、フルサイズだと天の川が更に綺麗に見えます!
もしAPS-Cが手元にある場合はそのカメラで星の撮影を練習しましょう。フルサイズでも撮影方法は同じです。

最後に

天体や星空の撮影は結構難しく、最初は設定に困ってしまいます。星空は冬が綺麗なので、冬に撮影する際には防寒対策をしましょう。
夏には天の川が見えますので、1年中星空を楽しむ事ができます。
それと寒い環境はバッテリーの劣化や、本来発揮できる力を発揮できないので予備のバッテリーを準備しておくことをおすすめします。
次回はタイムラプスの作り方を紹介します。

The following two tabs change content below.
カメラ歴3年、プログラミング歴半年の23歳会社員。プログラミングはバッグエンドからフロントエンドまで幅広く体験中。カメラは写真だけでなく動画撮影も初めYouTubeに投稿。iPhoneてどれだけ綺麗に動画が撮れるか格闘中!他にもドローン撮影やVR(360°)撮影もしています!https://gotoyusuke.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA