プログラミング未経験者が転職に失敗しないための対策

プログラマーやシステムエンジニアの需要が増えていく中で、「プログラミングなんて未知の領域」「専門学校に行ってないから転職できないだろう」なんて思ってませんか?

未経験だからと言って転職を諦めるのは少し早いかもしれません。

未経験者がIT企業に転職するために必要なことを紹介します。

 

【プログラミング】転職に関する8個の疑問

プログラミング未経験でも転職はできる?

結論から言うと、未経験でもプログラマーやシステムエンジニアとして転職する事は可能です。

もともと販売員や営業マンからシステムエンジニアになった方もいます。

 

IT業界では人材が不足しており、実際の現場では人の出入りがとても激しく安定してません。

実際に技術のあるエンジニア数が少ないために、現場によってはエンジニアの負荷が大きい現場も。

人手不足の状態に、実際にスキルのある人材が不足しているのが大きな課題となっております。

技術者不足

先ほども紹介しましたが、手を動かせる技術者の数が不足している状態にあります。

その為、手を動かせる人材が少ない事や、今後もIT分野が伸びることを考えるとより需要が高まることが推測できます。

 

今後は6Gの普及や新たなデバイスの登場により、よりIT業界は伸びていく業界と言われております。

次のIT業界への転職ブームが始まる前に転職しておくと、少し転職の難易度は少し下げられるでしょう。

未経験者の為の転職サービスがある

最近多くの転職サービスが増えていますが、プログラミング未経験の為の転職サービスが多数存在します。

既にプログラミングできる方だけでは人材が不足する事から、未経験でも募集している企業もあります。
未経験の為の転職サービスのなので、プログラミングスキルがなくても転職できるチャンスは大いにあります。

転職に成功した時だけ学費が必要なプログラミングスクールがある

プログラミングの需要が高まる中、プログラミングを習得しようと案が得ている方が増加してます。
そういった動きによりプログラミングスクールの需要は年々高まってます。

50万円以上必要なプログラミングスクールから、2万円程度で受講できるオンライン型のプログラミングスクールがあります。
金額の差が大きいので選択する際はとても悩んでしまうと思いますが、転職に失敗したら返金されるスクールも存在してます。

転職に失敗した際の事を考えると極力リスクを抑えられた方がダメージが少ないので、そういったサービスもしっかり確認しておきましょう。

無料のプログラミングスクールもある

転職に失敗したら返金されるプログラミングスクールを紹介しましたが、受講自体無料のプログラミングスクールも存在します。

それはIT企業の出資を受けてプログラミングスクールを運営しているので、転職した際も一切費用は必要ありません。

エンジニア転職する為に必要な準備

現在働いてる業界によってはIT業界がとても想像できない世界だと感じてしまうかもしれません。

そういったギャップを少しでもなくせるよう、転職の際に必要なものを紹介しようと思います。

IT業界の仕組みを把握しておく

IT業界にも専門の用語がたくさんあり、それらはプログラミングに関するものだけではありません。
特に最初は難しいのが社内SEとSESの違いや、システムエンジニアとプログラマーの違いなど。

各用語をしっかり把握することで転職後の充実差も大きく変わります。

 

プログラマー

プログラマーは基本的に受け取った仕様書を元にプログラミングを行います。
プログラムが完了した後はそのシステムに欠陥がないかをテストします。

開発からテストまで一連の流れをプログラマーが行います。

 

社内SE

自社のシステムの要件定義や設計書を作る仕事がメインです。
作成した設計書をプログラマーに依頼しますが、他のシステムエンジニアに依頼する事も。

なので、システムエンジニアも開発からテストを行う現場も存在します。

要件定義からテストまで、幅広い仕事を請け負うのがシステムエンジニアです。

 

SES

SESはシステムエンジニアリングサービス略で、社内SEと仕事内容は同じです。。

社内SEと異なる点は派遣されるかされないかで、SESは基本的に客先に派遣されその現場のお仕事をこなしていきます。

客先の現場がとても有名な会社でも給料は自社基準となるのがデメリットでもあります。
社内の開発ではない為、定期的に現場が変わる可能性があり、様々な現場を体験できるメリットがあります。

 

資格や成果物があればさらに良い

IT業界はITパスポート試験の資格や基本情報技術者試験など様々な資格があり、転職する前に資格を保有していると転職に有利になることもあります。

また、プログラミングスクールで開発したサービスやプログラム、アプリなどがあれば何もないかは有利になるでしょう。
「IT業界に転職したい熱意」「現状のプログラミングスキル」「サービスの内容を作った発想力」などが面接時にアピールできます。

一つの成果物を作るだけで様々なスキルを面接官に伝えられます。

実際に転職した際の体験談

実際に未経験からIT業界に転職した方の声を聴いてみましょう。

失敗の体験談

転職に成功しましたが、資料作りの日々…

プログラミングスクール経由で転職するのを目標にしてしまったから、転職後ついていけない….数ヶ月後後退職

独学で勉強したけど分からな過ぎて挫折。最初からプログラミングスクールに行けばよかった。転職活動すらしてない

参考書だけは家にいっぱい揃ったけど、現場で何も手を動かせない状態になってしまった。

成功の体験談

1年経ったけど1社目で転職できた

30歳未経験、高卒からでもIT業界に転職できました!とはいえ日々相当な努力をしてます。

プログラムできるまで現場で1年以上かかり、怒られる日々でしたが、今では一人で任されるまでになりました。

最終学歴は高校ですが、IT企業に転職できて、現在ではフリーランスとして活動できてます、

未経験から点転職する際はポートフォリオを作ろう

いかがでしたか?

最終学歴が高校でもIT業界で活躍している方は多くいらっしゃいます。
プログラミング学習は今まで義務教育で習った勉強方法とは大きく異なりますが、苦手意識を無くせば数か月したら徐々に覚えてきます。

どんなに早くても3か月くらいかかってしまいますし、挫折も何回もしそうになります。

転職を考えている方はプログラミング教室や、転職サイトに無料登録し、無料で相談を受けてみましょう。

 

学習記録はしっかり残しておき、ポートフォリオとして面接時にアピールしましょう。

 

【プログラミング】転職に関する8個の疑問

©Copyright2022 FICH-LABO.All Rights Reserved.