【未経験】Webマーケティング業界へ転職できるのか

インターネット広告費がテレビ・新聞・ラジオ・雑誌の合計した金額を超えたことで、インターネット上で物を販売する活動が活発しています。

その中でWebマーケティングは企業がサービスや物を販売する際に欠かせない施策になっており、Webマーケティングを行いたいと考えている企業は増加しています。

 

電車の中に入っても電車の広告は減り、みんなが見ているものはスマホ。

インターネット上で物を売るスキルを身に着けることで今後稼ぎ続けられる人材になります。

 

今回は未経験者からWebマーケティングのお仕事を始める方法を紹介します。

未経験者におすすめWebマーケティングの仕事3選

まずは、未経験の方におすすめのWebマーケティングの仕事を3つご紹介します。

  • SEO
  • 広告の運用
  • LPの最適化

Webマーケティングでは「SEO対策」「広告運用の最適化」「ランディングページの運用」をメインにマーケティング活動を行います。

①SEO

メリット
  • 費用は掛からない
  • 寝ていても集客できる
  • 集客してくれる資産となる
デメリット
  • ジャンルによっては競合が強い
  • 集客ができるようになるまで短くて3か月から6か月
  • 質の高いコンテンツを作成しなくてはいけない

SEO(Search Engine Optimization)とは、検索を行った際、競合サイトよりも自分のサイトが上位に表示されるように、Webサイトを作成することです。

現在の傾向として、ユーザーにとって有用なサイトを作成することが重要です。

ユーザーにとって有益になるコンテンツ、使いやすさ、見やすさなど様々な観点を最適化させなければいけません。

なぜSEO対策が必要なのか疑問に思う方もいると思いますが、Google検索上で集客をすれば費用が一切かからず、定期的にメンテナンスする事で半永久的に集客が可能です。

 

検索結果の上位に表示させるには時間が掛かってしまいますが、サイト全体のパワーが強化されれば継続的な集客が可能です。

SEO対策をすることでサイトのパワーが上昇し、サイトが自動で集客してくれる資産となります。

②広告の運用

メリット
  • 短期的な収益が見込まれる
  • 地域を設定し、予算を絞ることも可能
デメリット
  • 毎月費用が掛かる
  • 広告の運用を止めたら一切集客できない
  • 資産性がない

Webサイトの流入を増加させるための方法として広告の運用があり、最も有効なものは「リスティング広告」と呼ばれる検索結果のページに表示される広告です。

検索結果に関係のある広告を、上下に表示されているのを見たことがあるかもしれません。

キーワードに適した広告が表示されるため、購買意欲のあるユーザーを効率よくサイトへ誘導することができます。

マーケティングを行う人は、「キーワードをどうするか」「リスティングの予算はいくらか」「広告の効果はあるのか」といったデータを分析し実行していかなければなりません。

 

SEOの効果を発揮できるまでは広告の運用によって集客が可能です。

広告は運用開始したその日から集客が可能なので、短期的な集客に向いてます。

 

広告はその日に集客する事も可能ですが、止めてしまうと一切集客できなくなってしまう為、初月から毎月の予算感を決めておく必要があります。

 

SEO効果が出てきたら広告費を徐々に削られるように運用していきましょう。

③LPの最適化

メリット
  • ページ移動による離脱率が低い
  • 情報を網羅できる
  • デザインで勝負できる
  • 広告との相性がとても良い
デメリット
  • 制作レベルが高い
  • 検索エンジンの上位表示は難しい

LP(Landing Page)とは、検索結果のWeb広告を通過してユーザーが最初に閲覧するページです。

LPO(Landing Page Optimization:ランディングページ最適化)対策を行う事で、ユーザーを留め成約率を上昇させる事も可能です。

LPOを行うことで、「商品の購入数を増やしたい」「登録者数を増やしたい」などの目的を達成しやすくなり、売り上げが増加しやすくなります。

最適化の例として、ファーストビューの改善や、ユーザーが目的のページに進みやすくする改善などがあります。

LPOは効果測定が重要で、良いページでも成約率が減少しては意味がありません。

また広告との相性も良く、広告で集客したユーザーはLPに誘導する事が多いです。

 

広告タイトルや説明文とLPの内容をマッチさせることで、広告の運用費を極力下げる事が可能です。

LPを制作する場合は広告運用も大切なスキルとなります。

未経験者でもWebマーケ業界に転職できる理由

Webマーケティングは入社する為の必要な資格は無いため、未経験からでも転職が可能です。

特に中小企業にその傾向が強く、様々な業界・規模の企業の求人募集をチェックしましょう。SNSの利用経験やリサーチ・分析を行った経験のある人は、採用試験で効果的です。

 

先ほどは資格を取得しなくても転職は可能と紹介しましたが、Webマーケティングの仕事に役立つ資格を取得すると転職がより有利になります。

マーケティングは企業の成長に関係する大切な仕事なので、未経験可の募集であっても、知識やスキルを評価して合否を決めるケースが多くなっています。

 

近年では、Webマーケティングを基本から学べる講座やスクールもありますので、学んでおいてもいいでしょう。

未経験でもWebマーケティングは稼げるのか

上記疑問に対する結論は、Webマーケティングは稼げます。

Webマーケティングは「未経験」の方でも稼ぎやすいです。
個人で始めて、腕を上げて仕事を得ることも可能ですし、企業に就職してマーケティングで実績を積めば十分に稼げます。

知識をつけてから転職したい方向け

未経験からでもWebマーケティングのお仕事に就くことはできますが、それでも不安に思う方はいらっしゃると思います。

そこで転職活動しながらでも勉強できる学習方法3三つを紹介します。

おすすめの学習法3選

  • 資格の勉強
  • スクールに通う
  • SNSの運用を行う

 

 

1.まずは資格を取る勉強をしてみる

資格はWebマーケターとしてスタートするきっかけになり得るものであり、そこから実務でマーケターとしての経験値を積むことは可能です。

一歩を踏み出すきっかけとするために、資格の受験をするのも良いでしょう。資格には次のようなものがあります。

1.1 マーケティング・ビジネス実務検定

マーケティングに関連する幅広い知識と考え方を学びたいと考える人は、マーケティング・ビジネス実務検定がおすすめです。

 

2.Web検定

マーケター以外にも、Webを中心に業務を行う人がWebに関わる基本のリテラシーを身につけるために役立つ資格です。

2.2スクールに通ってみる

1人では学習が難しい、モチベーションを維持が大変という方は、スクールで学ぶのも1つの選択肢です。スクールに通うとある程度の経済的負担は必要ですが、Webマーケティングに必要な知識を効率的に学べます。

知識とともに効率的にスキルを得たい方は、スクールで身につけた知識を、自身のブログ・SNSなどで活かしていきましょう。

 

3.SNSの運用を始める
Webマーケティングのスキルを身につけたいなら、ブログ・SNSなどのメディアを自分で運営することがおすすめです。

上記メディアを運営することは、Webマーケティングの仕事に直結しているためです。

いかにブログのアクセス数を増加させるのか、どのように検索順位を上昇させるかなど、ユーザーの反応を分析して、メディアを改善するサイクルが、Webマーケティングの仕事内容そのものと言えます。

副業から始めるのがおすすめ

Webマーケティングは未経験でも始めやすい職業です。もちろん、いきなり転職することはリスクがありますので、副業として始めるのが良いでしょう。

©Copyright2022 FICH-LABO.All Rights Reserved.