【2022年最新版】Webマーケティングって稼げるの?フリーランス年収を公開!

2019年にWeb広告費は2兆円を超えテレビCMを上回り、動画広告費は60%増と大幅に伸びました。

この影響を受け、Webマーケティング業界ではWebマーケターの需要が高まっています。

 

ソーシャル広告も30%の伸び率を見せるなど、インターネットを活用した集客はますます需要が増えることが見込まれています。

Webマーケティング業界は成長の一途をたどっている反面、Webマーケティングを使いこなせるWebマーケターの数は多くありません。

 

これからWebマーケティングのスキルを身につけることで収入の増加を期待できます。

【結論】Webマーケティング業界のフリーランスは稼げる!

Webマーケティング業界が成長市場であり、Webマーケターの需要が高まってることは理解いただけたと思います。

それでは、具体的にWebマーケーターとはどのような仕事なのでしょうか。

 

Webマーケターは、その名前の通りWebを活用したマーケティング戦略を練って、実行していくことが仕事となります。

Webマーケティングの種類の一部を紹介します。

 

  • SEOマーケター
  • 広告プランナー
  • SNSマーケター

 

検索エンジンに特定のキーワードを上位表示させる「SEOマーケター」やリスティング広告やSNS広告を運用する「広告プランナー」、様々なSNSアカウントを運用する「SNSマーケター」など、細分化されています。

細分化された中でも複数の施策を実行できたり、分析ができるWebマーケターはより需要が高い傾向にあります。

Webマーケターとして独立を考えた場合、複数のWebマーケティング施策ができるフリーランスは様々な分野で案件を獲得することができるため、多くの収入を得ることができます。

Webマーケティング業界の年収推移(2010~2021)

それでは、実際にWebマーケティング業界の年収はどのようになっているのでしょうか。

2010年頃には、Webマーケティングなど、マーケティングに携わる人の平均年収は約500万円となっています。

Webマーケティング業界の成長もあり、現在Webマーケティングに携わる人の平均年収は

約540万円となっています。10年ほどの間に40万円もアップしており、Webマーケターの需要が増していることが一目瞭然です。

ちなみにではありますが、フリーランスのWebマーケターについては、稼働が週2~3日で月30万円程度のものが多く、2案件請け負った場合の年収は720万円となります。

稼ぐための3つの必須条件

それでは、Webマーケターとして稼ぐための条件とは何でしょうか?

もちろん、Webマーケティング手法を身に付けていることは大事です。しかし、Webマーケティングん施策は勉強したり、働きながら身に付けていくことも可能です。

Webマーケティング業界の動向は、驚くほど速いことが特徴と言えます。つまり、その速さについていける人ほどWebマーケティング業界では活躍できる、つまり稼ぐことができる存在になれると言えるでしょう。ここでは、Webマーケターとして稼ぐための必須条件を解説します。

① 副業のためにすぐに行動を起こすこと

人間はどうしても新しい環境に飛び込んだり、行動を起こすことが苦手です。それは、行動した後のリスクを考えてしまうからです。「失敗したらどうしよう」、「生活ができなくなるのではないか」このような思いがあるのは当然のことでしょう。

しかし、どのような分野でもすぐに行動できる人は成功しています。その理由として、すぐ行動に起こせる人は、情報を誰よりも早く得ることができるからです。この情報を早く得られるということは、変化の速度が速いWebマーケティング業界において、大きなアドバンテージになります。

もし、Webマーケティング業界に飛び込もうと思っているなら、まずは副業という形から入るのも良いでしょう。心理的負担も軽く、始めやすいのではないでしょうか。まずはすぐに行動を起こして、業界の変化の速度についていけるようにしてみてください。

副業という形で始めていき、本業の収入に近づいたことにはフリーランスという働き方も検討できます。

② 自分の強みをいかす

Webマーケティングの手法は、冒頭でも述べさせていただきましたが、様々なものがあります。その手法ごとに学ぶ分野も変わってきます。

最終的には、Webマーケティング施策の企画・実行したり、施策の効果を分析して販売戦略を考えるWebマーケティングディレクターの仕事を行えるようになれば、更に収入を増やすこともできるでしょう。

しかし、まずは自分の強みを作ることが重要です。Webマーケティング手法は、細分化しているため、独立したもののように思われますが、一つ一つが連携して効果を生み出します。自分の強みを作り、そこから他の分野の施策を学んでいきましょう。

③ 時間を生み出す工夫をする

Webマーケティングの勉強を始めるという人が挫折する理由として、勉強する時間が取れないというものがあります。仕事をしながら資格取得を目指すという人にも当てはまることです。その理由として仕事が忙しい、家族との時間を取る必要があるなどの理由があげられます。

少し厳しいことを言うことを言わせていただきます。もし時間がないからという理由で、勉強ができていないというのであれば、それは言い訳にしかなりません。

ここで、成果を出している人の考え方をお伝えしておきましょう。成功している人は、時間を自分で生み出す工夫をしています。例えば、朝起きる時間を早くして、その時間を勉強に当てたり、通勤時間中に勉強をするなど、時間を作る工夫をしているのです。

皆さんも、時間を生み出す工夫をして、Webマーケターとして成長していきましょう。

まとめ

Webマーケティング業界の成長を受けて、Webマーケターの需要は高まっています。案件数に比べてWebマーケターの数が足りていないというのが現状でしょう。

それは言い換えれば、今、Webマーケティング業界に飛び込む絶好のタイミングとも言えます。もし、今行動を起こさなければ、Webマーケティング業界を目指す人が増えてしまい、思ったように稼げなくなる可能性も高いとも言えるのです。

重要なのは行動力です。すぐに動き最新の情報を得て、自分強みを作れるように時間を作って勉強していきましょう。今こそ本気を出して、Webマーケティング業界に溢れている案件を取りにいくべき時だと言えます。

【フリーランス】仕事に関する8個の疑問

©Copyright2022 FICH-LABO.All Rights Reserved.