フリーランスwebデザイナーとしての初めての収入

こんにちは、
webデザイナーの
たけしです。

 

今回お伝えするのは
私がwebデザイナーになって
初めて得た金額と

案件獲得までの経緯についてです。

 

「どうやって仕事とってるの?」

とよく聞かれますが、

結論からいうと、
お客さんからの紹介と
リピートがメインです。

とはいえ、
最初はあなたと同じ立場でしたので、
共通することもあると思います。

あなたがwebデザイナーとして
1歩を踏み出す後押しになれば幸いです。

 

クラブイベントのフライヤー

全てはここから始まりました。

友人がやっていた
クラブイベントを手伝っていた時
のことです。

フライヤーがないということで、
デザイン知識は一切ありませんでしたが
Photoshopで作成することにしました。

全く綺麗にできず、
死ぬほど悔しかったのを覚えています。笑

そんなとき、
テンプレートの存在を知ります。

[フライヤー テンプレート]

イケてるデザインを見つけて
色を変えて、中央の人物を
メインイベンターに差し替えることで

ズブの素人とは思えない
作品に仕上がりました。笑

それで得た、
6,000円がwebデザイナーを名乗る前の
初めての収入です。笑

気持ちでいただきました。
それが、大学2年生の時でした。

 

自分がすでに、LPを作れることに気づく

意外と知られてないことかもしれませんが

Photoshopでバナーなどが作れれば
同じ要領でLPを作成することができます。

それに気づいてから、
私のwebデザイナーとしての人生が
始まりました。

 

Photoshopで、
既存のLPを上からなぞり
(トレースし)

それを書き出して
<div>の背景に設置する。

それだけでLPになります。

 

たまたま知り合いに
情報商材系の人がいて

その人のLPを作成したのが
Webデザイナーとしては初めての
収入でした。

そこそこ長めのLPが
1枚3万円でした。

現場作業員と、デザイナーの手伝いを
掛け持ちをしていましたが、給与はキツキツだったので

臨時収入が死ぬほど嬉しかったのを
今でも鮮明に覚えています。

以上が、私が初めて得た収入の
お話です。

LPの作り方みたいなのが
需要ありそうであれば
また別途紹介します。

 

追伸:おすすめは情報商材業界

セミナーや情報商材業界は、
デザイナーが不足してます。

案件の回転率も高いので
まとまった金額が一気に取れたりします。

業界人と出会うなら
企業サロンや、FXの塾に入ると
同期が顧客になったりするので
おすすめです。

ポイントは、
セミナー側や販売側に回れるビジネスと
関わっておくことです。

それでは今日はこのあたりで
失礼するとします!

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

The following two tabs change content below.

山下毅

大学卒業後、就職に失敗し、職人を経てwebデザインを独学。その後4ヶ月で独立。 LPの制作実績は50本近く。情報商材や物販、セミナー集客のweb制作を担当。 現在はデザインに加え、コピーライティングと広告運用スキルを仲間たちと習得中。 生き辛さを抱えながらサバイブしてきた経験から、 webデザイナーが生きやすくなるライフスタイルを広めるべく、情報発信中💡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA